三菱ケミカルホールディングス

THE KAITEKI COMPANY

KAITEKI 価値

【ヘルスケア分野】身近なヘルスケアで、人も社会も元気にしたい。【健康ライフコンパス株式会社】ドラッグストアと連携して予防医療への新たな道を拓く「じぶんからだクラブ®」

「生活の乱れが気になるけれど、忙しくて健康診断にも行けない」––そういう方が気軽に利用できる検査サービスが「じぶんからだクラブ®」です。身近なドラッグストアで簡単にできる血液検査によって、生活習慣病を予防する医療を実現します。

  1. 【01 課題 - KAITEKIへの気づき】広がる生活習慣病をどう防ぐか - 人と社会を守る予防医療
  2. 【02 解決 - KAITEKI実現に向けたソリューション】自分のからだをセルフチェック! - セルフ・ケアを支えるソリューション
  3. 【03 発展 - さらなるKAITEKI実現に向けて】“社会を支えるサービス“へ - 急速に普及する「じぶんからだクラブ®」

01 課題 - KAITEKIへの気付き

広がる生活習慣病をどう防ぐか

【人と社会を守る予防医療】個人にとっても、社会にとっても大きな脅威となる生活習慣病。予防の鍵は、一人ひとりが日常生活の中で気軽に「セルフ・ケア」できるしくみでした。

死亡総数に占める割合 - グラフ

KAITEKIを脅かす、生活習慣病

KAITEKIの実現は、人々の健康なしではあり得ません。しかし、近年、食生活の変化や、競争社会におけるストレスの増加などにより、生活習慣病が増え続けています。中でも心疾患や血管疾患、糖尿病といった生活習慣病は、他の多くの病気を招き、命を縮めたり、寝たきりの原因となったりしています。いつまでも健康な人生を歩むためには、生活習慣病の予防が大きな課題となっているのです。

医療費(2011年度) - グラフ

生活習慣病は社会の脅威に

少子高齢化が進む日本では、生活習慣病は脅威となっています。保険医療費が増えれば費用負担者の減少に苦しむ医療保険制度の維持そのものが難しくなるかもしれません。また、人々の健康が損なわれれば労働人口はさらに減少するでしょう。医療経済の健全化や活力ある社会の維持・発展のためには、予防医療の浸透による生活習慣病やがんなどの予防・早期発見が重要となります。

メタボ検診の受診率 - グラフ

受診率アップが予防の鍵

生活習慣病は、偏った食事や運動不足、飲酒・喫煙といった毎日の習慣が引き起こす病気です。定期的な検査で身体の変調をこまめにチェックして生活習慣を改めれば予防できることが少なくありません。しかし、実際には健康診断の受診率は低く、主婦や自営業の方に至っては体調不良を感じて初めて受診するケースも少なくありません。人々の健康増進や予防医療の浸透には、こうした状況を変えていく必要があります。

Challenge

KAITEKIの実現への一歩は健康から。1人ひとりが自らの健康状態をもっと気軽に検査できれば生活習慣病を予防し暮らしと社会を守れるはず。こう考えた健康ライフコンパス㈱はKAITEKI実現のために新たなサービスを創出しました。

02 解決 - KAITEKI実現に向けたソリューション

自分のからだをセルフチェック!

【セルフ・ケアを支える「じぶんからだクラブ®」】生活習慣病を予防するために、健康ライフコンパス㈱が始めた新しいサービスが「じぶんからだクラブ®」です。

じぶんからだクラブreg; イメージ

日常の中で気軽にセルフ・ケアできるサービス「じぶんからだクラブreg;」

「じぶんからだクラブ®」は、身近なドラッグストアや調剤薬局の店頭にて、お客様が自己採血した検体を(株)LSIメディエンスで検査し、7~10日後にコレステロール値や中性脂肪など生活習慣病関連の13項目の検査結果を店頭とWebで提供するサービスです。
病院に行かなくても検査が受けられる気軽さ、検査結果を店頭またはWebサイトで確認できる便利さ、そして1回3,000円前後という画期的な価格設定によって、誰もが手軽に日々の体調変化をチェックできる検査サービスをめざしています。

自己採血 イメージ

自己採血が可能にした手軽さ

採血は医療行為とみなされ、本来医療従事者がいる場所でしか行えないのですが、それでは場所が限られるだけでなく費用もかかってしまいます。「じぶんからだクラブ®」はこの問題を「自己採血」によって解決しました。薬剤師による的確なアドバイスのもと、お客様自身が採血を行うことで、手軽なサービスが可能になったのです。

ドラッグストアをセルフ・ケアの拠点に

これまでのヘルスケアは病気が発見されてからの治療がほとんどでした。しかし、重要なのは、病気を防ぐために、自分の身体を自分で守るセルフ・ケアを実践することです。「じぶんからだクラブ®」では、ドラッグストアの薬剤師が、医師監修の基準に従い、食事や運動など生活習慣の改善やOTC薬品、サプリメント、健康食品などのアドバイスを行うことで、お客様のセルフ・ケアを支援します。各地にあるドラッグストアを健康増進の拠点とすることで、セルフ・ケアを全国に浸透させていきます。

システム イメージ

検査からデータ管理までMCHCグループが支援

お客様の血液を検査するのは検査機関として信頼性に定評のある(株)LSIメディエンスです。また、その検査データは、(株)菱化システムが構築し、健康ライフコンパス(株)が運営する会員サイトに安全に保存され、経時変化をいつでも確認することができます。検査からデータ管理まで、「じぶんからだクラブ®」のサービスはMCHCグループの協奏によって展開しています。

03 発展 - さらなるKAITEKI実現に向けて

“社会を支えるサービス”へ

【実施店舗が全国に拡大中の「じぶんからだクラブreg;」】「じぶんからだクラブreg;」は全国各地のドラッグストアに急速に拡大。新たなサービスも誕生しようとしています。

店舗 イメージ

グレーゾーンも解消、実施店舗が急増

2013年のサービス開始当初は、自己採血や検査結果に基づくアドバイスへの法的な解釈が自治体によって異なり、一部サービスが提供できない自治体もありました。しかし、2014年2月に「グレーゾーン解消制度」によって法解釈が明確化されてからは、実施店舗は急速に全国に拡大。2016年7月時点にて41都道府県、約1400店のドラッグストア・薬局で「じぶんからだクラブ®」のサービスを提供しています。

じぶんからだクラブreg;HP イメージ

将来はさらに多彩なサービスを提供

「じぶんからだクラブ®」は店頭でのサービスに留まりません。企業の健康診断を補完するサービスや、健康機器・食品メーカー、フィットネスクラブと連携して、お客様一人ひとりの体調・体質に合ったサプリメントや食事メニュー、運動療法など、付加価値のある健康関連情報「情報薬reg;」を提供するサービスにも取り組んでいきます。

KAITEKI ハイライト

KAITEKI経営の3つの視点から、ソリューションを振り返ります。

  • サステナビリティの向上をめざす経営 - より多くの方々に予防医療、健康増進の機会を提供していきます。また、健康長寿の方々が増えることにより、医療費の削減や労働力の確保にもつながります。
  • イノベーション創出を追求する経営 - 田辺三菱製薬㈱の持つドラッグストアとのネットワーク、㈱LSIメディエンスの検査技術、㈱菱化システム運営のシステムなど、MCHCグループ各社の強みを活かす協業によって、独自の事業スキームを構築しています。
  • 資本の効率化を重視する経営 - サービス実施店舗を全国規模で拡充させていくことに加え、健康関連サービス事業者と連携して、付加価値のある健康関連情報「情報薬reg;」を提供します。