三菱ケミカルホールディングス

THE KAITEKI COMPANY

グループ概要

三菱ケミカルホールディングスは、三菱化学と三菱ウェルファーマ(現田辺三菱製薬)の共同持株会社として2005年10月3日に誕生しました。2007年10月1日、田辺製薬と三菱ウェルファーマが合併し、田辺三菱製薬が誕生。2008年4月1日、グループの機能材料事業を統合し、統合新社、三菱樹脂が誕生。さらに2010年4月1日、三菱レイヨンが傘下となりました。そして、2014年4月1日、グループのヘルスケア関連事業を統合し、生命科学インスティテュートが発足。2014年11月12日、大陽日酸が傘下となりました。三菱ケミカルホールディングスは、グループの総合力をさらに強化し、KAITEKI実現をめざします。

三菱ケミカルホールディングスグループ
三菱ケミカルホールディングス

事業会社の純粋持株会社として、真の快適(KAITEKI)社会をつくることを目指し、グループ全体の戦略策定、資源配分など、経営管理を行っています。

会社概要

三菱化学株式会社

“Chemistry”をベースとした、広範にわたる技術基盤をもとに、人々の生活と産業の発展を支える多種多様な技術・素材・製品を提供しています。お客様のビジネス課題を解決するソリューションを、そして利便性や経済的価値だけではなく、地球環境と調和する持続可能な社会の実現のために、21世紀にふさわしい、化学の新しい世界を広げていきます。

会社概要

田辺三菱製薬株式会社

「医薬品の創製を通じて、世界の人々に貢献する」という『企業理念』と、「国際創薬企業として、社会から信頼される企業になる」という『めざす姿』の実現のため、優れた医薬品の創製とその提供を通して、世界の人々の健康を守り、豊かな生活に貢献していきます。

会社概要

三菱樹脂株式会社

幅広い事業分野に多彩な機能商品・機能素材を提供する私たち三菱樹脂グループは、お客様の良きパートナーの役割を担える開発型企業を目指し、そのチャレンジを続けることで、恒により高い価値を創造し、より豊かな社会づくりに貢献してまいります。

会社概要

三菱レイヨン株式会社

MMA(メチルメタクリレート)系事業では世界No. 1の規模をもつ高分子化学メーカーです。合成樹脂や合成繊維事業をはじめ、これらの事業で培った高分子技術を基盤に、情報通信や航空機産業を支える先端材料からヘルスケア製品・環境対応技術まで、時代のニーズに適合した技術・素材を提供し、社会の発展と生活の質の向上に貢献していきます。

会社概要

株式会社生命科学インスティテュート

健康・医療ICT、次世代医療、創薬サポーティングインダストリーの領域で総合的なソリューションの実現を推進します。

会社概要

大陽日酸株式会社

鉄鋼・化学・エレクトロニクス・エネルギー・医療など、あらゆる産業分野に、酸素、窒素、アルゴンをはじめとするさまざまな産業ガスを供給し、それぞれの企業活動の基盤をしっかりと支えています。わたしたちは100年以上の豊富な経験と独自の技術開発を活かし、これからもガスを通じて世界の産業の発展に貢献していきます。

会社概要