三菱ケミカルホールディングスTHE KAITEKI COMPANY

KAITEKI健康経営

MCHCグループは、「人」は社会と企業の持続的成長を担う 原動力であるとともに、最も重要な経営資源の一つと位置づけています。 この「人」の能力を十分に生かし、活躍を最大化する取り組みを 「KAITEKI健康経営」として以下のように定義し、 KAITEKI経営の一環として推進しています。

健康経営は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。 「KAITEKI健康経営」は、健康経営研究会の了承を得て使用しています。

CHOメッセージ

代表執行役副社長 コンプライアンス推進統括執行役 Chief Health Officer 大平教義

働く人がその能力を最大限発揮し、社会にどれだけの価値を生み出せたかを実感しながら主体的に仕事に取り組んでいく。それが一人ひとりの充実感・満足感や組織の活性化をもたらし、豊かな創造性や高い生産性につながっていく。これがKAITEKI健康経営で実現したい姿です。2016年度の健康経営推進社長宣言を受けて、MCHCでは健康支援と働き方改革を両輪とした2020年度までのロードマップを策定し、2017年度より具体的な活動を始めています。
従業員、職場、そして家族や社会全体の健康がよい影響を与え合うことができれば、会社全体が成長し、そして社会に対して大きな価値を生み出し続けていくことができるでしょう。この考え方を基本に、健康経営を推進しています。

代表執行役副社長 コンプライアンス推進統括執行役 Chief Health Officer 大平教義

KAITEKI健康経営とは

定 義
従業員・職場の「健康支援」と「働き方改革」を両輪として、健康という視点から、企業の最も大切な財 産の一つである「働く人」の活躍を最大化する取り組みです。KAITEKIの実現に向けて、家族、地域、社会全体の健康まで視野を広げることや、ICT・IoTなどのイノベーティブなさまざまな技術の統合と活用を含みます。
目 標
  • ■多様な人材がイキイキと活力高く働く会社
  • ■豊かな創造性と高い生産性を備えた会社
  • ■家族・地域・社会の健康増進にも貢献する会社
PDCA