三菱ケミカルホールディングス

THE KAITEKI COMPANY

マテリアリティ・アセスメント

マテリアリティ・アセスメント

三菱ケミカルホールディングス(MCHC)は、KAITEKI価値をさらに高めるために、サステナビリティに関する国際的なガイドラインが示すプロセスを参照し、ステークホルダーの視点を取り入れながら、「KAITEKI実現に向けて、MCHCグループが取り組むべき重要課題(マテリアリティ)」の特定とそれらの優先順位づけを実施しています。2020年度に向けた中期計画 ”APTSIS 20” における、経営戦略、企業活動を踏まえ、マテリアリティ・アセスメントの見直しを行いました。

詳しくはこちら

マテリアリティ・マトリックス

マテリアリティ・マトリックス

今後の展開

MCHCグループは、特定した課題と優先順位などを考慮に入れながら、KAITEKI実現を目指したATPSIS 20の企業活動を行っていきます。また、ステークホルダーの要請や期待、事業環境の変化をタイムリーかつ的確に経営に反映していくために、今後もマテリアリティ・アセスメントの見直しを実施していきます。