三菱ケミカルホールディングス

THE KAITEKI COMPANY

企業行動憲章に基づく報告内容一覧

三菱ケミカルホールディングスグループは、企業活動の基盤となる「三菱ケミカルホールディングスグループ企業行動憲章」に基づき、諸活動の推進、強化に努めています。その具体的な活動を、企業行動憲章の章立てに沿って報告しています。

三菱ケミカル
ホールディングスグループ
企業行動憲章
主な報告内容 国連グローバル・コンパクト
10原則※1との対応
ISO26000
中核課題※2との対応
MOSマネジメント体制 組織統治
説明責任・透明性 コーポレートガバナンス 
コンプライアンス 原則10:強要・賄賂等の腐敗防止の取組み
ステークホルダー
コミュニケーション
差別撤廃 原則1:人権擁護の支持と尊重
原則2:人権侵害への非加担
原則6:雇用と職業の差別撤廃
人権
従業員満足度の向上
多様な人材の活躍支援
ワーク・ライフ・バランス
従業員の能力開発
従業員の健康管理
労働安全衛生
労使関係
原則3:組合結成と団体交渉権の実効化
原則4:強制労働の排除
原則5:児童労働の実効的な排除
原則6:雇用と職業の差別撤廃
人権
労働慣行
保安防災
温室効果ガス排出の削減
環境負荷物質排出の削減
廃棄物の削減
水資源の保全
省資源への取り組み
生物多様性の保全
化学物質の管理と情報公開
遺伝子組み換えに関する法規制遵守
原則7:環境問題の予防的アプローチ
原則8:環境に対する責任のイニシアティブ
原則9:環境にやさしい技術の開発と普及
環境
汚職・贈収賄の防止
反競争的行為の防止
反社会的勢力への対応
原則10:強要・賄賂等の腐敗防止の取組み 公正な事業慣行
顧客満足度調査 消費者課題
情報セキュリティ 組織統治
科学・技術 イノベーション 
社会貢献活動 コミュニティへの参画およびコミュニティの発展
CSR調達 原則10:強要・賄賂等の腐敗防止の取組み 公正な事業慣行

※1 国連グローバル・コンパクト10原則

人権
原則1: 人権擁護の支持と尊重
原則2: 人権侵害への非加担
労働
原則3: 組合結成と団体交渉権の実効化
原則4: 強制労働の排除
原則5: 児童労働の実効的な排除
原則6: 雇用と職業の差別撤廃
環境
原則7: 環境問題の予防的アプローチ
原則8: 環境に対する責任のイニシアティブ
原則9: 環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止
原則10: 強要・賄賂等の腐敗防止の取組み

※2 ISO26000中核主題

  • 組織統治
  • 人権
  • 労働慣行
  • 環境
  • 公正な事業慣行
  • 消費者課題
  • コミュニティへの参画およびコミュニティの発展