三菱ケミカルホールディングス

THE KAITEKI COMPANY

環境・安全

企業行動憲章

私たちは、環境負荷の低い製品・サービスを提供するとともに、自らの事業においても、環境負荷の低減及び生態系を含む環境の保護に努めます。また、私たちは、安全は企業存立の基盤をなすものであり、安全の確保は企業の社会的責任であるとの認識のもと、企業活動を行います。

課題認識・基本的な考え方

テクノロジーの進歩や普及などによって世界の人々の生活の豊かさが高まる一方で、社会活動による環境負荷や廃棄物の増大など、地球環境の持続可能性への懸念も高まっています。こうしたなか、三菱ケミカルホールディングスグループは、環境負荷の低い製品・サービスの提供に注力するとともに、自らの事業における環境負荷の低減を着実に進めています。また、地球環境と同様、事業活動の「安全」も企業存立の基盤となるものという考えから、三菱ケミカルホールディングスグループは基本規程とともに「環境・安全に関する基本方針」を定めてさまざまな活動に取り組んでいます。

規程類

環境・安全に関する基本方針

1. 安全は、企業存立の基盤をなすものであり、安全の確保は、企業の社会的責任である。
2. 企業は自らの製品が顧客、消費者に安全であり、環境に与える影響を最小限にする責任がある。
3. 環境保全と環境改善を企業の使命とし、人と地球に優しい企業を実現する。

体制

環境・安全に関わる活動の推進体制については、「自覚・責任」ページのManagement of Sustainability(MOS)の推進体制をご覧ください。

主な活動

環境マネジメントシステムの構築・運用

三菱ケミカルホールディングスグループの各社は、環境マネジメントシステムの構築に取り組んでおり、全世界の多くの生産拠点がISO14001を取得しています。これらのサイトは、定期的な内部監査および外部監査を実施し、実効性のある環境マネジメントを行っています。

国際基準、公共政策立案への参画

三菱ケミカルホールディングスは、(社)日本化学工業協会(以下、日化協)の会員企業として、環境・安全などに関わる諸問題の調査・研究、対策の立案などに関わっています。日化協の活動を通じて国際化学工業協会協議会(ICCA)の運営にも参画しており、世界の化学企業に共通する化学物質管理、地球温暖化対策など、諸課題の解決に積極的に取り組んでいます。

環境・安全に関わる具体的な活動や目標・実績については、以下のページをご覧ください。