三菱ケミカルホールディングス

THE KAITEKI COMPANY

生物多様性の保全

課題認識・基本的な考え方

生物多様性(多様な生命のつながり)の保全は、食料や水、豊かな土壌や燃料、遺伝資源や薬用資源、水や大気の浄化、気候の調整や災害の緩和、生物の生息・生育環境の提供、自然に根ざした固有の文化や科学の源泉となるなど、豊かで快適な人類社会の実現に不可欠な、いのちの基盤となっています。三菱ケミカルホールディングスグループは、生物多様性の保全に向けて環境省のガイドラインなどに基づく活動を推進しています。

規程類

主な活動

生態系への影響の低減

三菱ケミカルホールディングスグループは、2010年に「日本経団連生物多様性宣言」に参画し、事業活動に伴う生物多様性への影響低減に取り組んでいます。

※日本経団連生物多様性宣言:(社)日本経済団体連合会が2009年3月に発表したもので、自然循環と事業活動の調和、資源循環型経営の推進など、7つの柱で構成されています。

生物多様性保全の推進

三菱ケミカルホールディングスグループは、環境省の「生物多様性民間参画ガイドライン」を参考に、環境保全に生物多様性への影響という視点を加え、生物多様性保全を推進しています。

取り組み事例

2016年度

三菱ケミカルホールディングスグループ:生物多様性保全貢献製品評価

三菱ケミカルホールディングスグループは、事業領域である機能商品・素材・ヘルスケアの豊富な製品群から生物多様性保全に貢献している製品を選定しました。一般的に、製品の生物多様性保全貢献度の評価方法は確立されておらず、選定にあたっては、環境省生物多様性企業活動ガイドライン検討会の座長を務められた首都大学東京の可知直毅教授にご監修いただき、生物多様性の直接的な貢献度、ライフサイクルでの環境負荷、財務インパクトなどを包括的な視点で評価し、数万製品の中から貢献度の高い9製品を選定しました。今後、様々なステークホルダーにご協力いただき、これら貢献製品のアピールを広く行うとともに貢献製品を増やすことで生物多様性保全に取り組み、KAITEKI実現をめざします。

三菱ケミカルホールデイングスグループ生物多様性保全貢献製品(2016年5月現在)
  製品名 概要 担当窓口
1 分散型給水システム 緩速ろ過装置、点滴灌漑、伝統野菜栽培 (株)ウエルシイ
2 Xシート型枠 コンクリート用型枠 クオドラント・プラスチック・コンポジット・ジャパン(株)
3 ゴビマット® 土壌侵食防止ブロックマット 三菱樹脂インフラテック(株)
4 テンサー® 盛土補強ジオグリッド 三菱樹脂インフラテック(株)
5 DiaFellowCT 水処理材(難分解性物質分解用触媒) 三菱レイヨンアクア・ソリューションズ(株)
6 人工光閉鎖型苗生産設備を活用した薬用植物甘草の国内量産技術 人工光閉鎖型苗生産設備を活用した薬用植物甘草の国内量産技術 三菱樹脂(株)
7 膜分離活性汚泥法(MBR) 中空糸膜を用いた排水処理技術 三菱レイヨンアクア・ソリューションズ(株)
8 BioPBS 植物由来生分解プラスチック 三菱化学(株)
9 有機薄膜型太陽電池 有機薄膜型太陽電池モジュール 三菱化学(株)
生物多様性保全貢献製品評価

写真右側:ご監修いただいた可知直毅教授

2013年度

三菱レイヨン:各事業所で生物多様性保全の活動を展開

三菱レイヨン株式会社の各事業所では、生物多様性の保全につながる活動を展開しています。例えば、愛知県豊橋市の豊橋事業所では、排水の放出先となる朝倉川周辺で清掃活動や植樹メンテナンス活動を実施しており、従業員がボランティアで毎年参加しています。また、広島県大竹市の大竹事業所では、付近の大竹港などで人に害を及ぼす特定外来種のセアカゴケグモが発見されたことから、その特徴を記載したポスターを掲示し、繁殖しないよう従業員に注意を促しています。

セアカゴケグモの注意喚起ポスターを見る従業員(大竹事業所)
セアカゴケグモの注意喚起ポスターを見る従業員(大竹事業所)
ボランティアで清掃活動に参加する従業員(豊橋事業所)
ボランティアで清掃活動に参加する従業員(豊橋事業所)