三菱ケミカルホールディングス

THE KAITEKI COMPANY

化学物質の管理と情報公開

課題認識・基本的な考え方

2002年の「持続可能な開発に関する世界首脳会議(WSSD、通称:ヨハネスブルグサミット)」において、化学品管理についての「2020年目標」(2020年までに化学物質の製造・使用が人の健康や環境にもたらす著しい悪影響を最小化することをめざす)が提唱され、世界的に管理強化が進んでいます。こうしたなか、三菱ケミカルホールディングスグループは、国際化学工業協会協議会(以下、ICCA)の一員として、WSSDの2020年目標の達成に向け、化学物質に関する安全管理活動を推進しています。
また、三菱ケミカルホールディングスグループは、製品の使用や廃棄にあたり、含有化学物質情報を把握することの重要性を認識し、サプライヤーとともに活動を推進しています。そして、リスク管理が困難と判断された有害性物質は速やかに製品または製造過程から速やかにのぞかれるべきとの認識のもと、使用の中止や代替品への置き換えに取り組みます。

主な活動

有害物質の情報公開

三菱ケミカルホールディングスグループは、GHS(化学品の分類・表示に関する世界調和システム)の書式に従った「安全データシート(SDS)」(製品の構成情報や有害性情報、取り扱い情報)の提供についても、国内はもとより各国での対応を順次進めています。

GPS活動の推進

三菱ケミカルホールディングスが所属するICCAは、WSSDの2020年目標の達成に向け、化学産業界の自主的取り組みとして「サプライチェーンを通じたリスクベースでの化学品管理」「製品のリスク情報などの公開」などに重点をおくGPS(Global Product Strategy)活動を推進しています。三菱ケミカルホールディングスグループは、2009年度よりGPS活動を開始し、製造する化学物質について順次リスク評価を行い、その結果に応じて適切に化学物質管理をするとともに、その内容を安全性要約書にまとめて公表しています。そして、全製品について、リスク評価の結果リスク管理措置が困難な化合物については、その輸入または使用を2020年までに終了させます。また、ストックホルム条約やロッテルダム条約などによって、新たに追加指定され規制される有害性物質の輸入や使用は速やかに中止します。

グリーン調達調査の実施

三菱ケミカルホールディングスグループは、製品中の含有化学物質情報を把握するために、独自のグリーン調達調査制度に基づいて、サプライヤーからの購入品における有害物質含有調査の把握に努めています。

目標・実績

目標 GPSガイダンスに沿って安全性確認を必要とする対象製品の評価を70%終了する(目標2015年度) 2018年度までにグループ内の対象化学物質のGPS評価を完了する
実績 2014年度 70%終了

化学物質のGPS評価完了率
化学物質のGPS評価完了率※

※ 2013年度に対象製品の見直しを実施

目標 購入原料品目の有害物質含有調査の実施率を80%以上にする(目標2015年度)
実績 2014年度 81%実施

有害物質含有調査の実施率
有害物質含有調査の実施率