三菱ケミカルホールディングスTHE KAITEKI COMPANY

遺伝子組み換え技術の適正使用と情報開示

課題認識・基本的な考え方

三菱ケミカルホールディングスグループは、遺伝子組み換え技術の使用において、カルタヘナ法関係の当該地域の法令・規則を遵守に加え、MCHCグループプロダクトスチュワードシップポリシー、及び生物多様性保全の方針に従った社内規則に基づき適正に使用するとともに、当社の製品が、ライフサクル各段階で安全に取り扱われるよう、遺伝子組み換え技術を製造時に使用した製品について表示を行い、ステーホルダーと製品の危険性とその取扱いに関するリスクコミュニケーションを推進します。