三菱ケミカルホールディングスTHE KAITEKI COMPANY

温室効果ガス排出の削減

課題認識・基本的な考え方

三菱ケミカルホールディングスグループは、地球温暖化、気候変動を化学産業として最優先で取り組むべき課題と位置づけ、GHG排出削減にグループを挙げて取り組んでいます。事業活動に伴うGHG排出量の削減はもちろんのこと、使用時にGHG排出量が少ない製品の開発にも取り組んでいます。

主な活動

製造に伴うGHG排出の削減

三菱ケミカルホールディングスグループは、エネルギー原単位(エネルギー消費量/生産量)改善活動に積極的に取り組み、製造に伴うGHG排出量の削減を進めています。

物流に伴うGHG排出の削減

三菱ケミカルホールディングスグループは、輸送のロットサイズアップや鉄道輸送へのモーダルシフトなど製品の形状、包装の最適化を含め、物流の効率向上を推進し、環境に優しい物流の実現をめざしています。さらに、専用船におけるフレンドフィンの装着や二重反転プロペラ船への更新など、物流会社と協同で設備面からのGHG排出量削減にも取り組んでいます。

営業に伴うGHG排出の削減

三菱ケミカルホールディングスグループでは、営業車に積極的にハイブリット車を導入するなど、営業に伴うGHG排出量の削減に努めています。

使用時のGHG排出が少ない製品の提供

研究・開発段階からの取り組みを通じて使用時にGHG排出量が少ない製品を上市するとともに、それによる社会のGHG削減効果の検証を進めています。

サプライチェーンにおけるGHG排出の把握

三菱ケミカルホールディングスは、購入原材料が工場に届けられるまでのGHG排出量や、製品がお客様のもとで使用され、最後に廃棄されるまでのGHG排出量を把握し、開示しています。2012年度から国内におけるScope 3排出を把握し、第三者による保証を受けています。今後は、この対象範囲を海外事業へも広げていきます。

カーボンフットプリント評価の実施

三菱ケミカルホールディングスグループは、個別の製品について、その原料調達からお客様にお届けするまでのGHG排出量を算定し、開示する仕組みである「カーボンフットプリント評価」を実施しています。