三菱ケミカルホールディングスTHE KAITEKI COMPANY

公正な事業慣行

企業行動憲章

私たちは、公正・誠実な態度で企業活動を行い、節度を保ち、賄賂を含むあらゆる形態の腐敗に関与せず、市場での公正な競争を通じ、社会、経済の健全な発展に貢献します。また、私たちは、反社会的勢力・団体に毅然とした態度で対応し、一切の関係を持ちません。

課題認識・基本的な考え方

三菱ケミカルホールディングスグループは、世界のステークホルダーの皆様とともに持続的な成長を実現していくために、事業のグローバル化を積極的に推進しています。なかでも社会の豊かさを支えるインフラに用いられる素材を数多く取り扱っていることから、その事業活動やサプライチェーンは、先進国に留まらず、法制度が整備途上にある一部の新興国・地域へと広がっています。MCHCグループは、どの国・地域でも公正な事業を推進していくために、基本規程をもとに、贈収賄防止や反社会的勢力への対応、独占禁止法などについての知見を高めていく啓発・教育や、公正さを保つための規程・ルールづくりを進めています。また、税という形で利益を社会に還元するのは企業の社会的責任の一部であるとの認識のもと、各国の税制を尊重し納税義務を果たします。

体制

公正な事業慣行に関わる活動の推進体制については、「自覚・責任」ページのManagement of Sustainability(MOS)の推進体制をご覧ください。

主な活動

公正な事業慣行に関わる具体的な活動については、以下のページをご覧ください。