三菱ケミカルホールディングスTHE KAITEKI COMPANY

人権の尊重

企業行動憲章

私たちは、すべての人の尊厳と権利を尊重し、人種、性別、宗教など、事由の如何を問わず、不当な差別を一切行いません。また、私たちは、取引先等に対しても、人の尊厳や権利の侵害および不当な差別を行わないことを求めます。

課題認識・基本的な考え方

1.企業活動のあらゆる局面において、すべての人間の尊厳と権利を尊重し、人種、性別、宗教など、事由の如何を問わず、あらゆる差別を一切行わない。

2. 具体的な啓発活動の推進にあたっては、各社が自律的に方針・重点課題を掲げ、働きやすい、心豊かな、社会から認められる、人権意識の高い企業集団をめざした活動を継続的に実践するとともに、グループとしての連携を図る。

三菱ケミカルホールディングスグループは、世界人権宣言、国連グローバル・コンパクト、国連のビジネスと人権に関する指導原則、及びISO26000などの国際規範に準拠した人権に対する基本的な考え方をグループ構成員に示すとともに、具体的な指針として「人権の尊重並びに雇用・労働に関するグローバルポリシー」を定めています。また、海外グループ会社においては、各国で適用される法令や人権に関する最善の慣行の遵守、従業員満足度の向上に努め、適切なバリューチェーン・マネジメントを構築しながら事業活動を展開しています。

規程類

人権尊重の理念の共有のための取組み

三菱ケミカルホールディングスグループは、人権尊重に関するコミットメントを表明した「人権の尊重並びに雇用・労働に関するグローバルポリシー」のもと、その責任を果たすため、下記のプロセスを継続的に実施するよう努め、人権に関する悪影響を防止するとともに、万一人権侵害が発生した場合は、早期に問題を解決するよう努めます。

人権尊重の理念の共有のためのプロセス

1.人権に関する悪影響を認識、防止、対処するためのプロセスである「人権デュー・デリジェンス」の考え方に基づき、人権侵害の事実やその可能性を特定するため、ステークホルダーとの対話を行います。

2.特定された人権侵害の事実またはその可能性と当社グループの企業活動を評価します。

3.KAITEKI実現に向けた企業活動を通して、人権への悪影響を防止・軽減し、またその効果を継続的に検証します。

4.これらの取り組みについては、適切な手段を通じて社内外に報告を行います。

体制

人権に関わる活動に関わる活動の推進体制については、「自覚・責任」ページのManagement of Sustainability(MOS)の推進体制をご覧ください。

ホットライン・システムの整備

MCHCグループでは、MCHCおよび主要事業会社の内部統制推進部門または社外の弁護士を窓口とするホットライン・システムを管理・運用しています。2015年度にホットライン・システムに寄せられた情報は155件でした。これらの情報については内部統制推進部門長をリーダーとする調査チームが対応し、問題を確認した場合はCCOの指揮のもと、早期の対応と是正を図っています。

主な活動

研修・講習会の開催

三菱ケミカルホールディングスグループでは、ハラスメント、同和問題、女性、障がい者、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)などのさまざまな人権課題に関する「幹部・職位者研修」「人権フォロー研修」などの研修や講習会を実施しています。