三菱ケミカルホールディングス

THE KAITEKI COMPANY

雇用・労働

企業行動憲章

私たちは、一切の強制労働や児童労働を行わず、取引先等に対しても、一切の強制労働や児童労働を行わないことを求めます。経営に携わる者は、人々の多様性を尊重し、従業員が、安全で心身ともに健康にその能力を最大限に発揮できる環境を整備し、人を活かす経営を行います。また、組合結成の自由と団体交渉権を含む従業員の権利を尊重し、密接な対話を通じて、従業員との良好な関係を築きます。

課題認識・基本的な考え方

三菱ケミカルホールディングスグループは、従業員がやりがいをもって働き、それを通じて成長し、充実した生活を送ることが、個々の従業員の喜びのみならず、企業価値の向上につながると考えています。こうした認識のもと、三菱ケミカルホールディングスグループは、具体的な指針として「人権の尊重並びに雇用・労働に関するグローバルポリシー」を定め、従業員満足度の向上、多様な人材の活躍支援、ワーク・ライフ・バランス、従業員の能力開発、従業員の健康管理、労働安全衛生、労使関係をテーマに、従業員とともに職場環境の改善を図っています。

規程類

体制

雇用・労働に関わる活動の推進体制については、「自覚・責任」ページのManagement of Sustainability(MOS)の推進体制をご覧ください。

主な活動

今後ますますダイナミックに変化・成長していく社会・経済に対応し、世界規模の競合企業に対して競争力を維持していくには、変化に対応できるレジリエントな力を獲得することが不可欠です。そのため、多様性のある人材が、やりがいをもって働き、それを通じて成長し、充実した生活を持続的に送れるよう取り組みを推進しています。
具体的な活動や目標・実績については、以下のページをご覧ください。