三菱ケミカルホールディングスTHE KAITEKI COMPANY

従業員の能力開発

課題認識・基本的な考え方

三菱ケミカルホールディングスグループは従業員一人ひとりが主体的に能力を高め、意欲をもって挑戦し、新たな価値や変革を生みだしてくれることを期待しています。そのため、上司との面談などを実施し、従業員一人ひとりに合わせたキャリア設計プランや能力開発計画を策定しています。

主な活動

業務遂行のための能力開発

集合研修やOJTなどを通して、業務遂行に必要な技術や知識の習得を支援しています。

社員等級別の教育

入社年次や社員等級に応じた業務遂行能力やマネジメント能力を習得できるよう、集合教育や通信教育を行っています。

資格取得の支援

従業員が業務に必要な資格を積極的に取得できるよう、受講料や受験料を補助しています。

語学クラスの開催

社内で語学クラス(英語、中国語など)を開講するとともに、その受講料を補助しています。

自己啓発活動の支援

通信教育講座などの紹介や、それら受講料の補助によって、従業員の自己啓発活動を支援しています。

取り組み事例

2015年度

三菱樹脂:MOT講座

三菱樹脂では、技術系の管理職・マネジャー層のMOT実践力の向上を目的としたMOT講座をスタートさせました。毎回テーマを定め、社内講師による経験談をはじめ、理論講義、演習問題、グループ討議などを行っています。

MOT講座
MOT講座