三菱ケミカルホールディングス

THE KAITEKI COMPANY

ステークホルダーの尊重

企業行動憲章

私たちは、三菱ケミカルホールディングスグループが、顧客、取引先、株主、協力会社、行政機関、地域社会、従業員などのステークホルダーから信頼される存在であるために、ステークホルダーを尊重し、密接なコミュニケーションを行い、それを企業活動に活かします。

課題認識・基本的な考え方

三菱ケミカルホールディングスグループは、顧客や株主・投資家、地域社会、従業員、取引先など、企業活動を支えるすべての人、社会、そして、その基盤となる地球をステークホルダーと考えています。そして、ステークホルダーの皆さまとの対話や適切な情報開示を通じて短・中・長期の課題・目標を共有し、企業活動を推進しています。

主な活動

顧客・取引先とのコミュニケーション

顧客や取引先との対話を通して、信頼関係を築きながらパートナーシップを深めています。

活動内容とコミュニケーションツール

活動内容
KAITEKI CAFE
KAITEKI CAFE
  • 営業活動
  • 広告宣伝
  • 「技術フォーラム」の開催
  • 展示会への出展
  • ショールーム「KAITEKI SQUARE」、カフェレストラン「KAITEKI CAFE」での製品・技術紹介
  • 顧客満足度調査
  • 購買活動
  • コールセンターでのお問い合わせ対応 等
コミュニケーションツール
  • 三菱ケミカルホールディングスのWebサイト
  • ニュースリリース
  • KAITEKIレポート
  • 製品パンフレット
  • 安全データシート(SDS)
  • 会社案内パンフレット 等

株主、投資家とのコミュニケーション

社会に対し、開かれた企業グループとして、適切な情報開示を行い、企業活動の透明性を保ち、企業活動に対する社会の理解促進に努めています。

活動内容とコミュニケーションツール

活動内容
三菱ケミカルホールディングス事業説明会
三菱ケミカルホールディングス事業説明会
  • 株主総会
  • 事業説明会
  • 投資家説明会
  • 事業所見学会
  • 海外IRロードショー 等
コミュニケーションツール
  • 三菱ケミカルホールディングスのWebサイト
  • 株主通信「IR NAVI」
  • 決算短信
  • 決算説明資料
  • 会社説明会資料
  • KAITEKIレポート
  • 有価証券報告書 等

地域社会とのコミュニケーション

事業活動を展開している国々・地域の文化や習慣に対する理解を深め、事業による社会への貢献に加え、良き企業市民として、社会や人々からの要請・期待に応える活動を実施し、信頼される企業をめざしています。

活動内容とコミュニケーションツール

活動内容
理科実験教室
理科実験教室
  • 工場見学
  • 地元自治会との意見交換会
  • カフェレストラン「KAITEKI CAFE」の設置
  • 理科実験教室 等
コミュニケーションツール
  • 三菱ケミカルホールディングスのWebサイト
  • KAITEKIレポート
  • 事業会社サイトレポート 等

従業員とのコミュニケーション

多様な個人の尊厳と権利を尊重し、一人ひとりが働きやすく、そして働きがいのある職場づくりに取り組んでいます。

活動内容とコミュニケーションツール

活動内容
  • 従業員意識調査
  • 労使協議
  • 人事考課面談 等
コミュニケーションツール
  • イントラネット
  • 三菱ケミカルホールディングスグループ社内報 等

取り組み事例

2015年度

三菱ケミカルホールディングス:定時株主総会を開催

三菱ケミカルホールディングスは、より多くの株主の皆さまに株主総会にご出席いただくため、株主総会招集通知は株主総会の会日より22日前に発送するとともに、Webサイトで日・英文を掲載しています。2006年6月開催の第1回定時株主総会から、集中日以外に株主総会を開催することにしています。また、株主の皆さまに議決権を積極的に活用していただくために、インターネット回線を活用した議決権行使環境を整えています。
2015年6月24日に開催した第10回定時株主総会には、1,000名を超える株主の皆さまにご出席いただきました。

三菱ケミカルホールディングス:全国7つの都市で個人投資家向け説明会を開催

個人投資家の皆さまに対して、2008年度から個人投資家向けの説明会を開催しています。2015年度は千葉、東京、仙台、札幌、福岡、広島、大阪で開催し、現在の事業概況や今後の事業展開などを説明しました。参加者からのご質問やご意見には三菱ケミカルホールディングスの広報・IR室が直接回答しています。

三菱ケミカルホールディングス:機関投資家・アナリストとのコミュニケ―ションを推進

三菱ケミカルホールディングスは、機関投資家・アナリストの皆様とも継続的・積極的な対話に取り組んでいます。決算発表時には、インターネット回線を用いて機関投資家やアナリストの皆さまからの質問に答える「ネットカンファレンス」を開催しています。年に2回程度開催する「事業説明会」では、経営計画や主要事業に関する具体的な戦略を説明しています。 海外の機関投資家の皆さまとのコミュニケーションにも取り組んでおり、2015年度は三菱ケミカルホールディングスのIR担当役員が英国・米国を訪問するなど、個別取材に対応しました。

所有者別株式分布の状況(2016年3月31日現在)
理科実験教室

※「個人・その他」には、当社の自己株式としての保有分(2.7%)が含まれています。