数字で見る三菱ケミカルホールディングス

2021年4月更新

グループ会社・事業概要

事業体制

4事業会社

三菱ケミカルホールディングスグループは、
三菱ケミカル、田辺三菱製薬、生命科学インステ イテュート、日本酸素ホールディングス株式会社の4つの事業会社およびそのグループ会社で構成されています。

事業分野

3分野

三菱ケミカルホールディングスグループは、
「機能商品」「素材」「ヘルスケア」の3分野で事業を展開しています。

連結従業員数

69,609

グループ拠点(所在国・地域数)

43カ国・地域

関係会社数

698

KAITEKI経営

KAITEKI経営

3つの経営

資本の効率化を重視する経営
(Management of Economies)
イノベーション創出を追求する経営
(Management of Technology)
サステナビリティの向上をめざす経営
(Management of Sustainability)

この3つの基軸に時間軸を加えた
4つの次元の観点からグループ経営を行っています。

MOE:資産合計

51,321億円

MOT:設備投資額

2,404億円

MOT:研究開発費

1,334億円

MOS:製品を通じた
温室効果ガス削減貢献量

62百万tCO2e

MOS:再活用水提供量
(生活・産業用途に利用可能な水)

7.8億 t

業績・財務情報

2019年度 売上収益(IFRS)

35,805億円

2019年度 コア営業利益
※(IFRS)

1,948億円

2019年度 ROE(親会社所有者
帰属持分当期利益率)

4.2%

2019年度 海外売上収益比率

42.9%

中期経営計画「APTSIS 25」 Step1

中期経営計画「APTSIS 25」 Step1

2022年度
コア営業利益(IFRS)

2,500億円

2022年度
ROE(IFRS)

10%

コア営業利益 : 国際会計基準に基づく営業利益から非経常的な要因により発生した損益(非経常項目)を除いた経常的な収益

ページトップ