価値創造モデル ー KAITEKI経営の考え方

社会課題を起点に新たな価値を創造し続ける「KAITEKI経営」を実践

当社グループは、サステナビリティ(MOS)、イノベーション(MOT)、経済効率性(MOE)の3つの基軸を一体的に実践し、企業価値を高めていくKAITEKI経営に取り組んでいます。
加速度的に変化する社会ニーズや環境・社会課題を起点に、企業理念、価値基準のもと、MCHCグループが課題解決に寄与できる事業群を成長事業領域と特定し、持続的成長に向けた価値創造サイクルを推進しています。

  • 社会の潮流
  • 環境・社会課題

経営基盤と競争力の源泉

財務資本強固な財務基盤

製造資本多様なソリューションを実現するグローバルネットワーク

知的資本ビジネスモデル変革を
推進するナレッジ・技術基盤

人的資本価値創造を支える多様な人材

社会関係資本ステークホルダーとの
エンゲージメント

自然資本環境インパクト削減のための
サステナビリティ マネジメント

企業理念・価値基準

KAITEKI経営

環境・社会課題を起点に、
ソリューションを提供し、収益力を向上

図:KAITEKI経営―3つの基軸(MOS、MOE、MOT)、time、事業ポートフォリオ改革、経営基盤強化→事業の創出・成長・高度化:GHG低減、炭素循環、食糧・水供給、デジタル社会基盤、人快適化、医療進化→KAITEKI価値
図:KAITEKI経営―3つの基軸(MOS、MOE、MOT)、time、事業ポートフォリオ改革、経営基盤強化→事業の創出・成長・高度化:GHG低減、炭素循環、食糧・水供給、デジタル社会基盤、人快適化、医療進化→KAITEKI価値

KAITEKI実現

最適化された循環型社会と
Sustainable Well-beingの実現

KAITEKI価値

3つの経営から生み出される価値の総和をグループの企業価値「KAITEKI価値」と名づけ、さらなる価値向上をめざしています。

図:地球の上に共通の始点をもつ3軸のベクトル。MOS(Management of Sustainability)サステナビリティ軸、MOE(Management of Economics)経済効率性軸、MOT(Management of Technology)イノベーション軸。同じ始点からTime時代の風のベクトルも出る。MOS、MOE、MOTの3軸と時代の風が生む推進力でKAITEKI価値のベクトルが生じる。

Management of Sustainability (MOS)

サステナビリティ軸

サステナビリティの向上をめざす経営。人と社会と地球の現在、そして未来のために、さまざまな環境・社会課題の解決や、その先にあるより良い未来の創造を志向する経営基軸です。

Management of Technology (MOT)

イノベーション軸

イノベーション創出を追求する経営。新規技術の開発や技術の差異化などを通じて、経済的価値や社会的価値の向上に資するイノベーションの創出をめざす経営基軸です。自社開発だけにこだわらず、広く世界にアライアンスを求めるオープンシェアード型ビジネスモデル構築による時宜を得たアウトプットを重視したマネジメントを推進しています。

Management of Economics (MOE)

経済効率性軸

資本の効率化を重視する経営。人材、資産、資金などのさまざまな資本を効率的に活用し、利益をはじめとする経済的価値向上を追求する経営基軸です。

Time

時代の風

企業活動を持続的な価値創造につなげていくには、時代の大きな潮流を常に意識しながら未来を見通すことが不可欠と考え、3つの経営基軸に共通する要素と位置付けています。

ページトップ