三菱ケミカルホールディングスKAITEKI Value for Tomorrow

ニュースリリース

2020年10月27日

建築市場向けの新たなサービス事業を開発
~デジタル技術を活用したプラットフォームの構築~

 株式会社三菱ケミカルホールディングス(本社:東京都千代田区、社長:越智 仁、以下「当社」)は、人手不足・環境対応(省資源や廃棄物対応、温暖化ガス削減)といった建築業界の課題解決に貢献すべく、近年急速に普及しつつあるBIM(Building Information Modeling)を活用し、素材メーカーの着眼点で新たなソフトウェアを開発いたしましたのでお知らせいたします。


 本年10月より、当社グループで住宅設備、建築資材を取り扱う三菱ケミカルインフラテック株式会社(本社:東京都中央区、社長:福居 雄一)のサービスの一環として、本ソフトウェアを活用したビル外装にかかわる以下2つの提案を開始したものです。

① 2D又は3D図面データを用いた各種シミュレーションモデルと高機能レンダリングとを組み合わせ、クラウド環境下で迅速に施主、設計者などに提供する。
②個々の工程で必要とされる2D又は3D図面データを自動的に生成し、施工会社や加工各社に提供する。


 国内外問わず多くの専門事業者が存在する建築市場に対し、当社グループが販売するアルポリックTMを始めとするビル外装材に関するサービスを開始することで、将来的には他商材や他領域に同様の取り組みを展開することを視野に入れております。


当社執行役員 チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)市川奈緒子のコメント
「当社グループは、建材というモノとソフトウェアサービスを融合する新たな事業展開をスタートします。川上の素材を多く持つ当社グループの技術力、データやノウハウを建築や製造のバリューチェーンに生かすものです。当社グループは、今後も設計からリサイクルまで含めた製品ライフサイクル全体のサステナビリティに貢献する、新規ビジネスモデル開発を続け、社会に価値を提供してまいります。」

 

以上