Dow Jones Sustainability World Indexの構成銘柄に5年連続で選定

2021年11月24日 事業関連

株式会社三菱ケミカルホールディングス(本社:東京都千代田区、社長:ジョンマーク・ギルソン、以下「当社」)は、ESG投資の世界的な指数であるDow Jones Sustainability Indices(以下「DJSI」)のDJSI World Indexの構成銘柄に5年連続で選定されました。また同時に、DJSI Asia Pacific Index(注1)の構成銘柄にも、昨年に引き続き選定されました。
 
DJSIは、米国のS&Pグローバル社のサステナビリティ株式指数で、企業の経済・環境・社会面の評価に基づき、持続可能性に優れた企業を構成銘柄として選定するものです。今年度のDJSI World Indexには、全世界の主要企業約3,500社から322社が構成銘柄として選定されました。

この度の結果は、当社グループのKAITEKI (注2実現に向けた環境・社会課題解決への貢献や、適切な情報開示に向けた様々な取組みが評価されたものと考えています。今後も当社グループは、持続的な社会の実現のため、人・社会・地球が抱える課題に対してグループの総合力でソリューションを提案し、社会に価値を提供してまいります。
 
 
(注1)DJSI Asia Pacific Indexには、アジア太平洋地域の主要企業約600社から153社が構成銘柄として選定されました。
(注2)当社グループがビジョンとして掲げているオリジナルコンセプトで「人、社会、そして地球の心地よさがずっと続いていくこと」を表しています。

ページトップ