水マネジメント

地球上に存在する水のうち、利用可能な淡水は全体の約0.01%にすぎません。人口増加や経済発展による水使用量の増加、気候変動などによる水不足地域の拡大を背景に、「水危機」が深刻化する中、事業活動における水の有効利用や水質改善に向けた取り組みなど、グローバル企業の果たすべき役割が大きくなっています。

三菱ケミカルホールディングスグループは、水資源保全を環境保全の重要な活動の一つと位置づけ、水資源保全に向けて「自らの事業活動における水資源への負荷の削減」と、「製品を通じた水問題への貢献」を柱とした活動を実践しています。

主な活動

水資源への負荷の削減

冷却水などの循環利用の徹底による取水量削減や、適切な排水水質の管理などを通じて、取水源の保全および海・河川などの水質維持に努めています。

製品を通じた水問題への貢献

水の浄化機能を持つ製品の開発・販売を通じて、従来使用できなかった水源の利用や、1回の利用で下水放流していた事業所排水の再利用を可能にするなど、水資源の保全に貢献しています。

ページトップ