サステナビリティに関する考え方と推進体制

三菱ケミカルホールディングスグループは、企業の社会的責任を果たすためには、人と社会、地球の持続可能性に貢献する事業を推進していくことが重要と考えています。そのために、三菱ケミカルホールディングスグループでは、あらゆる企業活動の基盤となる「三菱ケミカルホールディングスグループ企業行動憲章」を定め、高い倫理観と社会的領域を持って行動するよう努めています。そして、KAITEKI というコンセプトを掲げ、さまざまな環境・社会課題を解決する事業を積極的に推進しています。また、KAITEKIを実現する価値を持続可能なものにしていくために、Management of Sustainability(MOS)という独自の経営手法を取り入れ、その進捗を管理するMOS指標を定めています。

KAITEKI推進体制

三菱ケミカルホールディングスは、KAITEKIの実現のため、非財務視点による企業価値向上を統括するKAITEKI推進会議を設置し、企業価値向上を最大化します。

MCHCグループのKAITEKI推進体制:「MCHC取締役会」「執行役会議」「KAITEKI推進会議」「サーキュラーエコノミー推進委員会」「各部門(各室)/事業会社」から構成される。
                      「各部門(各室)/事業会社」からの、財務視点と非財務視点の企業価値の向上はそれぞれ、「執行役会議」と「KAITEKI推進会議」へ上げられる。
                      「KAITEKI推進会議」から、必要に応じて、重要事項の審議の付議が「執行役会議」に行われ、「執行役社長」からの諮問に答申する。
                        「執行役会議」の議事事項は「執行役社長」から、「取締役会」に穂国される。

関連情報

ページトップ