情報管理

課題認識・基本的な考え方

技術革新の加速とデータ駆動型経済の出現により、情報のネットワークでの共有が進行し、情報セキュリティの強化は、今後取り組むべき課題のひとつです。
このような状況認識のもと、三菱ケミカルホールディングスグループは、グループの全構成員に情報資産の保護の重要性と責任を認識させるとともに、三菱ケミカルホールディングスグループにおける情報セキュリティの実効性の維持・向上を図り、情報の漏洩や改ざんなどによる社会的信用の失墜、事業の中断などの防止に努めています。

体制

情報管理に関わる活動の推進体制については、「サステナビリティに関する考え方と推進体制」ページの推進体制をご覧ください。

サステナビリティに関する考え方と推進体制

主な活動

三菱ケミカルホールディングスグループは、「情報セキュリティ委員会」のもと、グループ全体で情報セキュリティの確実な維持・管理と改善を図っています。

自己啓発の実施

グループの全構成員に対して、情報管理の徹底を図るために啓発・教育を定期的に実施しています。

ページトップ